コラム&レポート

子供を産むと体型が崩れる、子供が出来る度に太ってしまう、というような話しを良く耳にする。実際、妊娠や出産は女性の体系変化を引き起こす要因となり易い。
その一方、妊娠しても妊娠してるのが嘘のように太らない人もいる。妊婦の体重が増加するのはごく当たり前のことであり、健康で安全な出産を最優先にしながら、上手に体型を元に戻す方法について考えてみよう。

妊娠中の肥満
妊娠中は約8〜10キロ程度の体重増加が認められるが、これは出産に必要な自然な体重増である。しかし、妊娠中の体重増加が多い人、特に妊娠初期から中期にかけて体重が急増したような人は、分娩後も肥満を残しやすいとの報告がある。
『肥満妊婦』よりは『痩せ妊婦』の方が妊娠合併症の発症リスクが低いとの指摘もあり、妊娠中の急激な体重増加は気をつけたいところである。

分娩後の肥満
妊娠中に体重が増加した後、分娩によって5、6キロの減少があり、残りは数ヶ月を要して徐々に元の体重まで戻っていくのが一般的とされる。
しかし、統計的に4人に1人は体重の減少が非常に少なく、分娩毎に5キロ程度の体重増となっているのが実情のようである。

この原因としては、生活環境や育児労働の軽減などがあるが、一つとして母乳育児の有無という点が注目されている。妊娠中に蓄えられた脂肪が母乳として使用されていくことで体重が減少しやすくなるというのである。
つまり、母乳を沢山赤ちゃんに飲ませるほど痩せられるということである。とはいえ、これが全ての人に当てはまるわけではない。

母乳と肥満
母乳育児のメリットは母親だけではなく、子供にもあるらしい。アメリカでの調査では、母乳で生後半年以上育てられた子供は粉ミルクで育てられた子供よりも肥満になりにくいという報告がある。脂肪細胞の数は子供の頃に決まると言われるが、そこに影響を与えているのかもしれない。

育児とストレスマネジメント
育児で付きまとうのがストレス。スポーツをしたり、子供から解放される時間をうまく作ったりしながら、ストレスを溜めない事も大切である。母乳が良いといっても、出ないからといって悩む必要もなく、ストレスになるようでは全く無意味である。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
コラム&レポート
スポンサー