基礎知識

肥満の判定

肥満の判定には、様々な方法があるが、どれも完璧なものではない。肥満とは脂肪が過剰に蓄積した状態のことであるから、 体重測定だけでなく体脂肪の測定が重要である。

BMI (Body Mass Index)
身長と体重の比率から肥満を判定する世界的に最も一般的な肥満の判定法である。
乳児や幼児を除けば、ある程度の精度が統計的にも証明されているが、 スポーツ選手や逆に運動を全くしない人の場合などでは当てはまらないことがある。

BMI [ = 体重(Kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m) ]
BMI 18.5未満 痩せ、低体重
BMI 18.5〜25 正常範囲、普通体重
BMI=22が最も生活習慣病になりにくいとされている
BMI 25〜30 過体重、日本人の場合24〜29あたりとも言われる
BMI 30〜 肥満、35以上は高度肥満

■標準体重の計算
BMIが22の人が最も病気になりにくいといわれ、標準体重とされている。

標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22

■体脂肪率
体脂肪の測定には、いくつかの方法があるが、現在最も一般的なものはインピーダンス式の体脂肪測定である。 これは、体中の水分と脂肪の電気抵抗の違いから、脂肪の割合を予測する方法である。 入浴、食事、時間帯などで値が変動するので、同じ時間に図る必要がある。

その他には、皮下脂肪の厚さを測定する方法、CTを使った体脂肪量と分布の解析なども行われるがどれも完璧に脂肪量を 測定することは難しい。CTによって体脂肪量の分布を調べることは内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満を見分ける為に有効である。

女性 30% を越えると肥満、平均は24%前後
男性 25% を越えると肥満、平均は20%前後

上記に挙げたものに限らず、多くの疾患が何らかの形で肥満によって発症したり悪化したりする可能性を持っている。 脂肪組織、特に内臓脂肪の増加は、それぞれの器官の働きを少しづつ狂わせ、 全身の健康を保っているバランスを狂わせてしまうといわれている。
まさに、肥満は万病の元として、現代人の前に立ちはだかる難問となっているのである。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー