基礎知識

内臓脂肪と皮下脂肪

近年の研究で、内臓周囲に脂肪が多く分布する内臓脂肪型肥満が特に生活習慣病と関連が深いことが報告されている。 BMIやその他の指標だけでなく、内臓脂肪型肥満であるかどうかが肥満の判定では重要視されつつある。

皮下脂肪型

内臓脂肪型

内蔵脂肪型肥満の定義
CTでの腹部の断面を診断し、 内臓脂肪面積が100平方センチ以上 の場合を内臓脂肪型肥満と判定している。

内臓脂肪の悪影響
脂肪組織はエネルギーの貯蔵庫としての役目が知られているが、 近年では、生体の様々な機能を制御する生理活性物質(サイトカイン)を産み出す器官であることが分かってきた。
そして、特に内臓脂肪の蓄積が過剰な状態では、サイトカインなどの物質の産生が過剰もしくは過少となってしまい、 様々なトラブルの原因となっていると報告されている。
これにより血栓が出来やすくなったり、動脈硬化になったり、 インスリン抵抗性が増したり(糖尿病)といった悪影響をもたらすとされる。

隠れ肥満の問題
また、一見肥満には見えない体型でも、不適切なダイエットや運動不足から内臓脂肪が多く存在する隠れ肥満の問題も指摘されている。
ダイエットのリバウンドを繰り返したり、運動不足、食事の偏りなどが原因と言われている。 全体的には痩せていても、ポッコリお腹が出ているような人は注意が必要である。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー