基礎知識

コレステロールとは

コレステロールは体内に存在する脂質の一つで、細胞膜や神経、ホルモン合成などに関わる重要な物質です。中性脂肪と同様に主に血液中ではタンパク質などと結合して水溶性のリポ蛋白として存在し、全身の隅々に運ばれていく。

コレステロールの種類と特徴

HDL コレステロール
高比重リポ蛋白( HDL )として血中に存在するコレステロール。善玉コレステロールとも言われることがある。主に体内の組織からコレステロールを受け取り、肝臓に運ぶ時の形体である。

LDL コレステロール
低比重リポ蛋白( LDL )として血中に存在するコレステロール。悪玉コレステロールとも言われる。おもにコレステロールを様々な細胞に運ぶ時の形体である。悪玉と言われているが、体内で必要なコレステロールを運ぶ重要な役割を担っており、これが極度に不足するとビタミンの吸収が損なわれたり神経や網膜などに異常をきたすことがある(低リポ蛋白血症)。ただ、肥満者ではこのリポ蛋白が過剰になっていることが多く、それが問題となるのである。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー