基礎知識

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

LDL コレステロールと HDL コレステロールはそれぞれ悪玉コレステロール、善玉コレステロールと呼ばれることがあるが、本来は正しい呼び名とは言えない。確かに LDL コレステロールの過剰や HDL コレステロールの不足によって動脈硬化性疾患のリスクが高まる点でそう呼ばれるようになったと思われる。分かりやすくはあるが、 LDL コレステロールが元々悪いもののように誤解を招いてしまうだろう。

近年の研究では単純に LDL コレステロールが多いことが良くないというよりも、 HDL コレステロールに対する比率が高いことが病気と結びついているという報告もある。善悪ではなく、量が過剰だったり過少だったりすることが良くないのである。

LDL コレステロールを悪玉と言って非難するよりも、その量的なバランスを乱す原因となっている肥満、特に内蔵型脂肪を減らす努力が大切である。 スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー