基礎知識

高脂血症と生活習慣病

高脂血症は、動脈硬化性疾患のリスクを高めることが良く知られている。肥満者に高脂血症が多く、それと同時に狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの疾患率が高いことも周知の事実である。動脈硬化性疾患は命に関わる病気が多く、特に注意が必要な部分である。

メタボリックシンドローム
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の過剰な蓄積を起因として、様々な生体機能の異常とそれに伴う生活習慣病のリスクが高まっている状態のことを指す。具体的には、糖尿病(対糖能異常)、高脂血症、高血圧が集積し、動脈硬化性疾患が起こりやすくなる。

メタボリックシンドロームの状態に陥ると、それぞれの疾患が相互に悪影響を及ぼしてしまう。肥満が万病の元と言われる所以である。

高脂血症の改善方法
高脂血症を改善させる為には、基本的には運動と食事内容の改善が基本である。勿論、肥満の解消も同時に必要と考えられる。勿論、動脈硬化性疾患などのリスクが高い場合には、血中の脂質を低下させる為の薬剤を使用される。

様々なサプリメントや健康食品にも、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす作用があるように謳われているが、信憑性に欠ける物も多いと思われる。やはり、自覚症状が無くても定期的に検査を受け、自分自身の状態を常に把握するようにしておきたい。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー