基礎知識

リバウンドとウエイトサイクリング

リバウンドとそれを繰り返すウエイトサイクリングは、ダイエットにおいての重要な問題の一つである。リバウンド現象は、ダイエット経験者の多くが体験しており、中にはダイエットに取り組む女性の8割が一度はリバウンドに遭遇しているとの報告もある。リバウンドを繰り返すウエイトサイクリングは、様々な健康障害と関係しているとの報告があり、非常に懸念される分野である。

ウエイトサイクリングと関連するトラブル
・除脂肪率の低下とそれに伴う基礎代謝量の低下
・内臓脂肪量の増加、隠れ肥満
・減量効率の悪化、栄養吸収効率の向上(やせにくく太りやすい)

さらに、生活習慣病の発症リスクや死亡率の向上と関係しているとの説もある。極端な体重変動は、特にウエイトサイクリングでの除脂肪率の低下と関係しており、骨粗鬆症や皮膚・血管・筋肉の障害などのリスクを高める。

リバウンドしやすいダイエット
リバウンドやウエイトサイクリングは、一般に計画性のない過激なダイエット、根拠のない流行性のダイエットに起こりやすいと言われている。ダイエットについての正しい認識も重要である。簡単に痩せると思っていたらなかなか痩せないので止めてしまった、というような話しも良く聞く。

知らないうちに隠れ肥満
肥満でもないのに痩せようとしてウエイトサイクリングを繰り返し、隠れ肥満になってしまう女性が多いと言われる。 人は基本的には適正な体重を維持しようとする仕組みがあり、特に女性は妊娠や出産、子育てに備えて脂肪が付きやすい性質がある。

適正体重にも関わらずダイエットに取り組んでいると、 BMI では適正や痩せに近い状態でも、体脂肪率が高い隠れ肥満となる可能性があるという。 ダイエットは痩せる為のものではなく、適正な体重を維持する為のものという認識を持ってもらいたいものである。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー