基礎知識

偏食ダイエットの問題点

ダイエットブームに乗って世の中には偏食ダイエットが氾濫している。フルーツ、こんにゃく、寒天、豆腐、納豆、卵、ヨーグルト、キムチ、きのこ、なんでもダイエットをつければ、こじつけられるのかと思われるくらいである。
偏食ダイエットはなんとも魅力的で、分かりやすく実行しやすい。それが人気の秘訣だが、そんなことで痩せていたら今頃、日本中の女性がモデルのような体型をしているはずである。

ダイエットで大切なことは、痩せるだけではない。健康になることが一番である。痩せるだけなら何も食べなければ良いのだが、それが健康に良くないことは誰もが知っている。偏食ダイエットも似たようなものである。人間の体に必要な栄養素は単品で得られるものでなければ、サプリメントで完璧に補えるものでもない。それぞれの食品の持つ性質を活かせばダイエットに繋がる可能性は勿論あるわけだが、それだけでは本末転倒になってしまうのである。

偏食ダイエットの多くは、結局カロリーを制限するだけのものであることも多い。それぞれのダイエット法の根拠を見極め正しく有効に活用できるように、学ぶことも大切である。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー