基礎知識

超低カロリー療法

肥満症の治療として医療機関が行うものですが、様々な食品が開発されていて一般にも応用できます。

<原理>

■超低カロリー食とは?
摂取するエネルギーを極端に制限するのが超低カロリー制限ダイエット(VLCD)です。 VLCDはVery Low Calory Dietの略です。一日200〜1000Kcalというまさしく超低カロリーな食事制限です。
本来、通常の食事や運動制限では十分な効果が得られなかった場合に、医療機関の観察下で行われる特殊な療法です。

<方法>

■独自の方法で超低カロリー制限ダイエットを行うのは危険です。安全性が認められている製品と利用法について説明しましょう。

これらの製品は、人が必要とするビタミンやミネラルなどが不足しないように考えられた超低カロリー制限のための製品です。ただ、これらの製品のみに頼るのは、素人には危険です。 一日3食のうちの1食、もしくは2食をこれらに置き換えて、カロリー制限に補助的に利用するということが無難でしょう。

そうすれば、健康を害する可能性を低下させるとともに、隠れ肥満になってしまうリスクを低減させるメリットがあると考えられます。

超低カロリー制限ダイエットのための主な食品
■オプティファースト(モディファースト)
世界第2位の製薬メーカーノバルティスファーマー社が開発した肥満治療食です。一食あたり160Kcal、もしくは80Kcalで、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく配合しています。

■マイクロダイエット
サニーヘルス社が開発した肥満治療食です。一食あたり170Kcal、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく配合しています。

<問題点>

■自己流の無理な食事制限の危険性
超低カロリー制限ダイエットは、本来、100kgを越すような超肥満の人が病院に入院して行う危険なダイエットだということを忘れてはいけません。

自己流で行うと筋肉や骨が減少し、精神的にも不安定になることがあります。 身体機能や精神の異常に陥ってしまうと、食事を戻したとしても元の健康な状態に戻すことは難しくなります。

海外では、極端な偏食と食事制限によって何十人もの死亡事故が発生したことがあるように、医師や専門家の指導の元に行うことが望ましいと考えられます。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー