基礎知識

プチ断食ダイエット

朝だけ断食ダイエットや半日〜数日断食をするダイエット法があります。胃腸を休ませて、脂肪の燃えやすい体に変える効果があるとされています。

<原理>

■断食の効果
食べることに不自由をしない現代人は食べ過ぎの傾向にあるといわれています。断食を行うことで胃腸を休ませ、体調を整えることが可能になると考えられています。
食事を十分に取っているときよりも断食しているときのほうが、体内の余剰物や老廃物の燃焼により体温が上昇し、脂肪も燃焼しやすい状態になるといわれます。
老廃物が処理し、体をリセットし直すことで基礎代謝も上がり、太りにくい体になると考えられます。

■様々な効能
プチ断食を行うと消化に使われていたエネルギーが、免疫系と組織を再生するためのプロセスに回され、胃、腸、血液、肝臓などの組織を改善し、免疫力を高めるといわれます。

<方法>

■朝だけ断食法
朝だけにんじんジュースにする方法が良く知られています。ビタミンやミネラルを豊富に含むにんじんは体を温め、代謝を高める働きがあります。りんごと一緒にジュースにすれば飲みやすくなります。
にんじんジュースの変わりにしょうが紅茶を飲む方法もあるようです。

■週末プチ断食法
週末の半日〜一日を野菜ジュースやお茶などのみで行う方法もあります。黒砂糖などで糖分の補給も行うと良いでしょう。

<問題点>

■朝だけ食べなければ痩せるというものではありません
朝だけ断食しても、昼と夜は何も考えずに沢山食べていたらお相撲さんと同じです。余計に太ってしまいます。一度の食事で沢山食べる人の方が体脂肪はつきやすいからです。昼と夜もバランスの良い適度な食事を取り、運動を心がける必要があります。

■断食の危険性
断食法には賛否両論があります。確かなことは、無理な断食を続けると健康上の様々なトラブルが発生します。健康を維持するためには様々な栄養素が必要ですから、これらの補給がストップすれば体に異変が起こるのは当然です。

<ポイント>
断食による健康法やダイエットを勧める本や雑誌の記事を良く見かけますが、正しい方法をしっかり理解して実行すること、また、慎重にその方法を見極める目を持つことが大切です。
断食によって体に異変を感じたら、すぐにその断食を中止して、体調が戻らないようであれば医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー