基礎知識

朝食抜きダイエット

朝食を抜くだけで知らないうちに痩せていくダイエット法です。

<原理>

■朝食の必要性
朝食は一般的には非常に重要なもので、健康な生活には欠かせないとされています。しかし、その反対に朝食の必要性を否定する考え方も存在しています。朝食抜きダイエットはあまり必要性のない朝食を食べずに痩せようというダイエット法です。

■朝食抜きの理論
起きたばかりで食欲のある人はほとんどいないでしょう。多くの人は慌しい朝の時間で無理に朝食を食べています。無理をして、急いで食べることは、胃腸の準備もまだ出来ていない状態ですから、健康にも良いはずがないというのです。

また、胃腸に血液が集中して思考力の低下などにもつながるのではないかと指摘されています。
朝の空腹感というのはそれ程強くないので、朝食を食べるのが習慣だった人でもすぐに朝食抜きに慣れてしまうとされています。また、午前中のエネルギー源は前日の残りがあれば十分だと指摘しています。

<方法>

■朝食を抜くだけです。水分の補給は必要です。朝一杯の水を飲んで出かけて下さい。朝から体を使って運動する場合には、糖分の補給が必要になります。低血糖が心配な場合もそうです。

<問題点>

■朝食抜きの危険性
朝食抜きの危険性を指摘する声が多いのも事実です。朝食を抜く方が肥満になるというデータも一部では報告されています。お相撲さんは良い例です。昼食の吸収が高まり、また、量も増えてしまう可能性があります。総量が一緒ならまとめ食いしないほうが体脂肪になりにくいといわれています。
便秘や脳へのエネルギー不足などの障害も指摘されています。長期的な朝食抜き生活が健康にどのような悪影響をもたらすかははっきりとは分かっていません。

<ポイント>
朝食には賛否両論がありますが、痩せる必要がない人は食べるべきでしょう。ただ、肥満自体のマイナスの方が朝食を抜くことによるマイナスよりも大きいとしたら、肥満解消のために朝食を抜くという選択肢は十分に意味のあるものになるでしょう。
朝食抜きを発展させて、朝食を野菜ジュースだけにしたりするダイエットもあります。(プチ断食ダイエット参照)朝食を全く食べない生活がなじまない人には良いかもしれません。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー