基礎知識

冷却シートダイエット

運動や食事制限をしなくても、冷却シートを貼るだけで痩せられるというダイエット法

<原理>
■冷却シートダイエットとは?
昨年テレビ番組で取り上げられ、話題になったダイエット法。 四国学院大学で肥満を研究している漆原光徳教授がその可能性を指摘しているようです。
簡単に言うと、冷却シートを貼って体を冷やすと、 体が体温を維持しようとして消費カロリーを上昇させるために痩せられるというダイエット法です。

■UCP(ミトコンドリア脱共役タンパク質)の活性がカギ
たくさん食べても太らない人もいれば、 あまり食べなくてもすぐに太ってしまう人がいます。この違いを説明することが 、肥満研究の課題ですが、完全に説明できるものはありません。 こういった研究の中で、最近注目されているのが『UCP(ミトコンドリア脱共役タンパク質)』の存在です。
この物質は体温を保持するために脂肪や炭水化物を消費する働きを持っていて、 体全体の脂肪細胞に存在しています。冷却シートを使って体温を冷やすことで、 このUCPの働きを活性化することができるらしいのです。

■貼った部分以外も痩せる
なんとなく貼った部分が痩せるような気がしますが、そうではありません。 脂肪を分解して体温を上げるという指令は、交感神経によって全身に伝えられます。
肩から背中にかけては体温を感知しやすい場所であり、 そこに冷却シートを貼ると、あたかも全身が冷やされているような錯覚が起こるといいます。 そうして、全身の脂肪が体温上昇のためのエネルギーに変化していくのです。

<方法>
■貼る場所
シートを貼る場所は、肩から背中にかけて。寒さを感じやすいために 、体に体温の低下を効率よく知らせることができます。 おなかに貼ってもおなかが痩せるわけではありません。かえっておなかを壊してしまう原因になります。

■貼る枚数
冷却シートは4枚〜8枚程度を目安にすると良いようです。 はじめは少ない枚数から始め、自分の体調を確認しながら、健康を害さないように徐々に枚数を増やしていくのが良いでしょう。

■貼る時間
常に冷たい状態が維持できるように張り替えていく方が良いようです。 体調や肌の状態などに気をつけながら、場所をずらしたりしていくと良いかも知れません。

■食事量
冷却シートを貼るだけで、一日の消費カロリーが200程度も上がるという報告もあります。 しかし、カロリーを消費した分、おなかが減りやすくなることが予想されます。
食事を制限する必要はありませんが、食べ過ぎには注意しなければ痩せることはできません。

<問題点>

■長期的に効果が持続するかは疑問も
交感神経の働きが弱っている人の場合、UCPが活性化しにくく効果が現れにくいことがあります。 この場合は、交感神経の働きを改善する必要があります。

また、新しい方法で長期的な実験データがないので、 ロリーを上昇させますが、長期にわたって効果が持続するかは分からないのです。 北国の人が痩せているかというとそうではないように、 寒さから身を守るために逆に体脂肪のつきやすい体質になってしまう可能性も否定できません。

リバウンドの心配ですが、 体質自体が変化するわけではないので、冷却シートをつけなければ効果はなくなります。 もしうまく痩せられたなら、それを維持できるように食事や運動で体重や体脂肪の管理を行う必要があります。

<ポイント>

本当に痩せられるかどうか試してみる価値はありそうです。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事
スポンサー